FC2ブログ

ケイトグリーナウェイ縁かがり

左から右にやってみて、
右から左にやってみた。
右からのがやりやすいかなぁ。。。

と考えながら。。。
鍵ホックかがりの方向でやった方がかかる糸が上にきて良いのかな?
と思いついて、これからやってみます。

初めての縁かがり、なかなか綺麗に揃わないなぁ。。。

20180910135528ff8.jpeg


ライブ中継に行く前に、
パラレルな本を読んでいて、
パラレルな場所からもとの場所に一旦もどる話を読んで
主人公の気持ちの2重世界を経験する混乱ぶりを味わってから日常に戻ると
私は3重世界の混乱をしたようになり。

その後にライブ中継を見に行き、
大戦中のパリへ旅して猫のラテンショーを見て
帰ってきたら
ここがどこなのか頭が吹っ飛んでいました、笑。
半日以上別の世界に行っていた感覚で、笑。

映画館とは言え、観るのは舞台。
映画もだけど。
やはり周囲が真っ暗な中、目の前のものに集中して観る環境って好きだなーと思いました。
同じものをDVDでテレビで観るのとか体感が全く違うし。
いくらホームシアターがあっても駄目だろうなぁ。

雑踏の中知らない人がたくさんの中、広い暗い空間で味わう集中した非日常。
その感覚が大好きです。

本も同じで、本を閉じて日常に戻っても
頭がまだその世界を構築している境目の時間が
とても好きです。

前にも書いたけど、母は映画をど頭の時間から
連れて行ってくれなかったんです、笑。
きっと母の若い頃は映画といえば二本立てが当たり前、しかも1週間ごとに変わっていたそうです。
月に8本観れてたんですね、笑。

夕食を食べてから父上と出かけて観ていたそうですから、そのころは途中から入るのも常だったのかも。

今は入れ替え制ですが、
昔は見ようと思えば一日中見れましたからね。

で、話を戻すと。
途中、ロビーから重たい扉をそっと開けて
真っ暗の中にスクリーンが見えた瞬間、
また舞台が見えた瞬間、
身体を半分そのエリアに滑り込ませ、
半分が日常のロビーに残っている瞬間が
なんとも言えない、これから違う世界に入るんだと
言う気持ちで心が震え浮き立った事を
今でも鮮明に覚えています。

今はなかなかそう言う経験ができません。
映画本編に遅れて行くとか、舞台に遅れて行くとかかな?苦笑、それは嫌だ、笑。

遅れていった舞台と言えば。
見果てぬ夢と言うオトミさん(安奈淳さん)の
バウコンサートに行った時。
どうしても仕事帰りで間に合わずにいました。
駅から走ってバウに着き、扉を開けると
バウなので舞台からも丸見え😭
階段をシャシャシャーと降りてちょうど通路席にストンと腰を下ろした私を
舞台からオトミさんが嬉しそうにご覧になっていて。
きっと8列目くらいであいているお席を気にしてはったんだと思うんですよ。
私もやっと座れた嬉しさでいっぱいの笑顔をしていたと思います。

‥‥
こう言った事は、心の栄養剤やなと。
最近思うんですけど。
花組のMessiahのみりおちゃんの台詞。
ハライソは一人一人の心の中にあるんだ。

死んだら天国に行くんじゃなくて、
生きているうちにたくさん楽しい嬉しい心に残る、
死んでも思い出したくなる経験を積んで死ぬ事が、
死んでからそれを思い出す事がハライソなんじゃないかなぁ。。。

だから、いつでも見れるようなアカシックレコードがあるんじゃないのかなぁ。。。
(ほんまにあるんかしらんけどね、笑)

だったら、それができなかったら
死んでも向こうで楽しくないんじゃないかなぁ。。。
嫌なこと酷いことしか思い出せないようなら、
それこそが地獄なんじゃないかなぁ。。。
でも、その苦しみは別に味わわなくても良いように守られているのかもしれない〜。

仏様は御供えの匂いを嗅ぐと、その味を思い出せて
良いんだよと聞いた事がありまして。
だからお花やお線香が良いんだよとも。

良いことが時折思い出せたらあっちでも楽しいんちゃうかなぁ、笑。


そんな風に思うようになってきました。
どこからの影響も受けない、私個人のぼんやりとした思いです✨
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する